HOMEブログスタッフブログ >無添加住宅® オリジナル漆喰と珪藻土の違いてなんだろう??

無添加住宅® オリジナル漆喰と珪藻土の違いてなんだろう??

 みなさん、こんにちは!!

 

 

 

 

 

アドバイザーのワクダです。

 

 

 

 

 

今年一発目の新春イベントから多くのお客様に

 

 

 

 

 

ご来場頂きありがとうございます!!

 

 

 

 

 

オープン記念のモニターハウス募集もまだありますので

 

 

 

 

 

お早めにお申し込み下さい。

 

 

 

 

 

今回のブログのテーマは

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 


無添加住宅のオリジナルしっくいについてです♪

 

 

 

 

 

ちなみに皆さん、珪藻土って聞いたことありますか??

 

 

 

 

 

今、某大手家具屋さん(ニ〇リ)お風呂用の珪藻土マット等が結構売っていますし

 

 

 

 

 

あとは珪藻土を壁材に使って仕上げる住宅メーカーさんが増えてきていますよね。

 

 

 

 

 

では珪藻土としっくいの違い(無添加住宅が珪藻土を使わない理由)

 

 

 

 

 

が分かりますか??

 

 

 

 

 

展示場に来ていただいたお客様には毎回聞いているのですが

 

 

 

 

 

多くの方がわからない、もしくは一緒のものだと答えます。

 

 

 

 

 

では違いについて簡単にご説明します。

 

 

 

 

 

漆喰には、漆喰自体に固まる性質や抗菌性を持っているのに対し、

 

 

 

 

 

珪藻土にはその性質がないので、仕上げ材で使用するためには

 

 

 

 

 

固化材(接着剤)や防カビ材などの補助的化学物質が必要になってきています。

 

 

 

 

 

その化学物質の接着材の効果も約30年で劣化していきます。

 

 

 

 

 

そうなるとどうなると思いますか!?

 

 

 

 

 

珪藻土に混合した接着材の効果が切れるので、珪藻土はバラバラになるんです!!!!

 

 

 

 

 

(多くの住宅メーカーでは壁天井のクロス、床の合板フローリングにも多くの化学接着剤が使用されています)

 

 

 

 

 

 

せっかく一生に一度の大きな買い物をしたのに住宅ローン(30年~35年後)を払い終わる頃には

 

 

 

 

 

家があっちこっちがボロボロになってきてしまいます

 

 

 

 

 

そんなの皆さんイヤじゃないですか

 

 

 

 

 

むしろそんな家、私はお客様に勧めたくはありません!!

 

 

 

 

 

だから無添加住宅の家の漆喰は化学物質の入った接着材を一切使用していません。

 

 

 

 

 

その他の扉の集成材、床材にも一切使用していないので

 

 

 

 

 

30年経っても経年劣化しないのです。

 

 

 

 


むしろ経年美化して味が出てきます!!

 

 

 

 

 

というのが無添加住宅 オリジナルの漆喰と珪藻土の違いです!!

 

 

 

 

 

またオリジナル漆喰には利点はそれだけではありませんよ!!

 

 

 

 

 

次回のテーマは漆喰の性能について書きたいと思います

 

 

 

 

 

またご来場頂ければ、より詳しい内容もお伝え出来ますし、

 

 

 

 

 

来場者プレゼントもご用意しておりますので、

 

 

 

是非、お気軽にお越しくださいますようお願いします